アスペルガー症候群とカサンドラ症候群

アスペルガー症候群とカサンドラ症候群

アスペルガー症候群とカサンドラ症候群 カサンドラ症候群は、アスペルガー症候群の人の家族などがかかる二次障害と言われています。カサンドラ症候群に当てはまる症状ですが、精神的なものと身体的なものに分かれます。精神的な症状としては気力の低下や食欲不振など、身体的なものとしては偏頭痛や自律神経失調症などが起こるようです。カサンドラ症候群が重くなると、うつ病などを発症することがありますから注意が必要です。

アスペルガー症候群の夫や妻と接しているとストレスを感じて、カサンドラ症候群を発症するということです。夫婦に多い傾向はありますが、会社の同僚や友人間などでも親しい関係であれば、カサンドラ症候群にかかる可能性があります。アスペルガー症候群の子供を育てている母親などが、この病気にかかるおそれもありそうです。

カサンドラ症候群の治療方法ですが、心療内科などに相談すると薬を処方してもらえます。精神安定剤などを服用することで、気持ちを落ち着けることができます。夫婦でカウンセリングを受けることも可能です。コミュニケーションを取るのが難しい場合は、専門家の手を借りたほうが良いこともあります。同じような悩みを抱えた人が集まっている自助グループもありますから、相談されると良いでしょう。

最新記事